キャリアを積んでステップアップ!

パートで働く介護職

おすすめ記事 そして最後に「介護福祉士」!

特集記事

  • 履歴書の書き方をおさらい 履歴書の書き方をおさらい

    履歴書は最初に面接官と関わるものですからとても大事なものです。面接官が企業として雇用が必要かどうかを判断する訳ですから知りたい情報や好印象を残すことが履歴書の作成には重要です。

  • そして最後に「介護福祉士」! そして最後に「介護福祉士」!

    介護職員初任者研修から始まり実務者研修の修了を経て現場で経験を積んだらいよいよ国家資格でもある介護福祉士に挑戦しましょう。介護福祉士の資格があれば将来的に管理職に就くことも出来ます。

  • 独身なら正社員がおすすめ 独身なら正社員がおすすめ

    独身でフルタイムで働くなら正社員で働くことがおすすめです。派遣や契約社員と比べると同じ仕事をしていても給与が高く保険の加入などメリットも多くあり社会的信用を得ることが出来ます。

結婚後はパートで

女性が介護職で働くことの働き方について考えてみたいと思います。結婚すればその不規則な勤務時間でなかなか家庭に入ることが出来ない方や、家族と関わる時間が少ないため子作りが出来なくて悩まれる方もいます。女性は結婚後に介護職の仕事の働き方を見直す必要があります。そうすることで仕事と家庭の両立をすることが出来ますから職場にとっても自分にとっても不満なく働くことが可能になることをご紹介したいと思います。将来の参考にして下さい。

結婚後はパートで

デイサービスが人気

介護職で働く女性は結婚退職をされて専業主婦になられる方が多くいます。このような場合、子育てに少し余裕が出て来る4歳を過ぎたあたりからパート勤務をされる方が多いです。介護職はブランクがあっても資格があればいつでも職場復帰することが出来ますし、経験者は優遇されますから安心して求人を探すことが出来ます。
子育てをしながら働く方に人気があるのがデイサービスです。日勤勤務が多いのが理由で、家庭環境に合わせて働くことは重要です。家庭をおろそかにしてまで働くことを許されている主婦はいないでしょうし、子供が可哀想です。保育園に子供を預けてから働き、夕方迎えに行く、デイサービスであればこのような家庭環境に合わせた働き方が出来るため人気が高まるのは当然と言えます。連休や年末年始が休みなことも大きな理由でしょう。家庭の予定に合わせて入れられますし、日曜日も休むことが出来る事業所が多いので助かります。誰でも子供が大きくなるまでは家庭を特に大事にしたいものです。結婚後の働き方はデイサービスのパートで働くことが最善でしょう。

派遣で働く勤務時間や勤務日

派遣で働く勤務時間はパートなので基本的には本人の希望に沿った勤務時間となります。フルタイムで働くより時間に制限がある中で働く方の勤務時間が優先されることが多くシフトの希望はパートで働く介護士から先に聞かれることが多いでしょう。子育てをされている方は土曜日、日曜日は保育園の都合などもあり勤務出来ない方が多いので、基本的には平日出勤のみとなります。家庭の都合や体調などの問題がありパートで働かれている方は病院の受診や家族の都合を考慮した勤務が組まれます。また、パートの場合は基本的に残業はありません。保育園のお迎えなどが優先されますから安心です。しかし、介護職は高齢者の方のお世話をするのが仕事ですから、急な体調不良などがあった場合は多少の残業をしなければならない場合もなくはありません。職場の行事と重なってしまった場合にも多少の残業が必要な場合もありますので、たまに定時を超えてしまうことがあるでしょう。

キャリアを積みたいあなたにおすすめ