キャリアを積んでステップアップ!

転職の面接を成功させてステップアップ

おすすめ記事 面接のポイント

特集記事

  • 履歴書の書き方をおさらい 履歴書の書き方をおさらい

    履歴書は最初に面接官と関わるものですからとても大事なものです。面接官が企業として雇用が必要かどうかを判断する訳ですから知りたい情報や好印象を残すことが履歴書の作成には重要です。

  • そして最後に「介護福祉士」! そして最後に「介護福祉士」!

    介護職員初任者研修から始まり実務者研修の修了を経て現場で経験を積んだらいよいよ国家資格でもある介護福祉士に挑戦しましょう。介護福祉士の資格があれば将来的に管理職に就くことも出来ます。

  • 独身なら正社員がおすすめ 独身なら正社員がおすすめ

    独身でフルタイムで働くなら正社員で働くことがおすすめです。派遣や契約社員と比べると同じ仕事をしていても給与が高く保険の加入などメリットも多くあり社会的信用を得ることが出来ます。

面接のポイント

希望の会社を決めて、履歴書を提出して書類選考を無事にくぐり抜けたら次は面接です。就職する際の最大の難関が面接だと言う方も大勢います。特別意識をしなくても緊張をしてしまう方が多いでしょう。介護面接での退職理由、志望の動機、苦手な質問に対しての返答などどのような言葉で伝えることで面接官に好印象を持ってもらえるかをご紹介します。

面接のポイント

履歴書を熟読する

面接の前に必ず自分が出した履歴書を熟読して下さい。この部分は面接時に強く聞かれますから履歴書に書いてある内容と違う回答をしてしまうと嘘をついていると思われてしまうことがあります。多少の誇張は問題ありませんが、明らかに大きすぎる誇張は深く追求されると回答に困ってしまうため、嘘などは書かずに全てにしっかりとした説明が出来るようにしておきましょう。

面接先の会社を確認しておく

1社だけの希望ならこのようなことはないと思いますが、多くの会社に書類を出している時はその会社を確認して志望動機などを確認しておきましょう。アピールするポイントは会社によって違うはずですから支離滅裂な回答にならないためにも面接の前に必ず目を通して下さい。会社の理念について共感出来ることなどを伝えると印象は良くなります。

退職理由

同じ意味のことを話すのであっても言い方によって印象は大きく変わります。言葉足らず、はっきりと言い過ぎることは良くありません。退職理由は必ず聞かれますからしっかりとした回答の準備が必要です。会社側もトラブルを抱えている、同じ理由で辞めてしまうことを恐れますから、大切な部分です。前職の会社がブラック企業、人間関係が悪かったなどはそうだったとしてもストレートに回答することはやめましょう。ネガティブな発言はしないで前向きな回答をすることが良いでしょう。正当な評価を受けることが出来なかったなどは前向きな発言になりますが、残業代が出ない、休日出勤が多かった、給料が安すぎるなどは悪口ですのでやめましょう。

志望動機のNG

正直に言い過ぎるのはマイナスです。給料が良い、家から近い、他と比べると良さそうだった、他に選択肢がなかったはダメです。志望動機は重要な部分だけをまとめて長くなり過ぎないように注意して下さい。

経験を詳しく伝える

面接官が欲しい情報は就職希望者の経験です。何が出来るのかを知りたい訳ですから、自分がこれまでに経験して来たことを具体的に伝えましょう。企業にどのようなメリットをもたらすことが出来るのか、どのような分野で役に立てることが出来るのかを解答出来るようにしておきましょう。

キャリアを積みたいあなたにおすすめ