キャリアを積んでステップアップ!

正しい履歴書でステップアップ

おすすめ記事 独身なら正社員がおすすめ

特集記事

  • 履歴書の書き方をおさらい 履歴書の書き方をおさらい

    履歴書は最初に面接官と関わるものですからとても大事なものです。面接官が企業として雇用が必要かどうかを判断する訳ですから知りたい情報や好印象を残すことが履歴書の作成には重要です。

  • そして最後に「介護福祉士」! そして最後に「介護福祉士」!

    介護職員初任者研修から始まり実務者研修の修了を経て現場で経験を積んだらいよいよ国家資格でもある介護福祉士に挑戦しましょう。介護福祉士の資格があれば将来的に管理職に就くことも出来ます。

  • 独身なら正社員がおすすめ 独身なら正社員がおすすめ

    独身でフルタイムで働くなら正社員で働くことがおすすめです。派遣や契約社員と比べると同じ仕事をしていても給与が高く保険の加入などメリットも多くあり社会的信用を得ることが出来ます。

履歴書の書き方をおさらい

転職活動をする際に重要になるのが履歴書です。企業は履歴書を見て会社に必要な人材かを判断しますから履歴書を作ることは転職の際に大きなウエイトを占めます。ここでは転職に有利な履歴書の作成の仕方をご紹介したいと思います。

履歴書の書き方をおさらい

履歴書の作成

まずは書けるところから記入して行きましょう。日付は作成した日ではなく、履歴書を提出する日に合わせます。先に履歴書だけを送る場合はポストに投函する日の日付を記載して下さい。日付は和暦が採用されている場合が多いので学歴、職歴なども全て和暦で統一するようにして下さい。

証明写真の注意点

証明写真は3ヶ月以内のものを使用して下さい。男性ならスーツが好ましいですがジャケットでの撮影も良いです。清潔感が大事ですので服にシワなどがないことを確認して撮影しましょう。ヒゲなどはもちろん剃りましょう。女性の場合は派手な服装は避けて下さい。髪の色、濃すぎるメイクには注意をして下さい。出来れば証明写真ボックスなどの簡易的なスピード写真などではなくスタジオなどで撮影したものの方が表情の明るさなど細かな調整をすることが出来ますからおすすめです。採用する側にとっては証明写真が第一印象になりますから妥協せずに納得のいくものを準備して下さい。

氏名欄の注意点

氏名欄のふりがなの記入漏れに注意して下さい。押印が必要な場合はシャチハタではなく朱肉と印鑑を使用して下さい。名前が斜めだったりかすれに注意して押印して下さい。インクが完全に乾いたのを確認するまで折り曲げたりしないようにして下さい。

現住所記載の注意点

現住所は住民票に記載されている住所を記入して下さい。省略をせず都道府県から記入をし、住所はハイフンを使わずに正しく丁目や番地を記入して下さい。マンションやアパートのお住まいの方はマンション名と部屋番号まで記入をし、マンション名にふりがなが必要な場合は必ず記入しましょう。

連絡先の注意点

連絡先と現住所が同じの場合は同上と記入して下さい。固定電話と携帯電話はどちらも記入し、携帯電話しかない場合は携帯電話のみで構いません。

学歴、職歴の注意点

学歴と職歴は分けて記入して下さい。時系列で古い順に記入します。省略は出来るだけせずに正式名称で記入して下さい。学科、学部、専攻、会社名などです。短期間で辞めたアルバイトなどは記載しません。最後の行の右端に以上を付けて下さい。

免許、資格の注意点

取得年月日の古い順に記入します。正式名称で記入して、現在、取得している最中の免許や資格がある場合は記入しましょう。

志望動機の注意点

志望動機は具体的に書きましょう。誰でも書ける内容はさけてどの部分に興味を持ったのかなどを書くようにして下さい。

自己PRの注意点

具体的に自分の考えなどを書いて印象に残るものを心掛けて書きましょう。

本人希望記入欄の注意点

勤務地、勤務時間、給料など重要に思ったことを記入して下さい。出来ないことややりたくないことはマイナスなイメージになってしまいますから控えて下さい。

キャリアを積みたいあなたにおすすめ