キャリアを積んでステップアップ!

給料が期待出来る介護職での正社員とは

おすすめ記事 次に目指すは「実務者研修」!

特集記事

  • 履歴書の書き方をおさらい 履歴書の書き方をおさらい

    履歴書は最初に面接官と関わるものですからとても大事なものです。面接官が企業として雇用が必要かどうかを判断する訳ですから知りたい情報や好印象を残すことが履歴書の作成には重要です。

  • そして最後に「介護福祉士」! そして最後に「介護福祉士」!

    介護職員初任者研修から始まり実務者研修の修了を経て現場で経験を積んだらいよいよ国家資格でもある介護福祉士に挑戦しましょう。介護福祉士の資格があれば将来的に管理職に就くことも出来ます。

  • 独身なら正社員がおすすめ 独身なら正社員がおすすめ

    独身でフルタイムで働くなら正社員で働くことがおすすめです。派遣や契約社員と比べると同じ仕事をしていても給与が高く保険の加入などメリットも多くあり社会的信用を得ることが出来ます。

独身なら正社員がおすすめ

介護職員として働くなら正社員として働くことがおすすめです。一般職では年齢を重ねてしまうと正社員での雇用をしてもらうことが難しくなりますが、介護職の場合は比較的に経験や年齢に関係なく正社員として採用され易いのが特徴です。正社員として働くメリットなどをご紹介したいと思います。

独身なら正社員がおすすめ

正社員とは法律で定められている用語ではない

正社員という言葉はよく聞く言葉で当たり前の用語になっていますが、法律上での用語ではなく特別な定義が存在する訳でもありません。主に正社員として働く方の条件を見てみるといくつかの共通点があるようです。
例えば、常勤で働いていること、雇用機関に定めがなく、解雇をすることが厳しく制限されていること、給与月給または年棒制であること、このような共通点があり、この条件を満たした社員の方を正社員または正職員と呼ぶことが一般常識のようです。パートや派遣で働く方と比較してもその差は明らかです、また、準社員や契約社員と言った呼ばれ方をする働き方もありますが、この働き方も同様で定義はありません。将来的に正社員として働くことが約束されている会社もあるようですが、これは会社によって異なりますから一概に言うことは出来ませんので注意が必要です。

正社員として働くメリットとは?

正社員として働くメリットとして各種の保険に加入することが出来ます。厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険に加入することが出来ます。派遣やパートでも各種の保険に加入することは可能ですが労働日数や労働時間制限がありますから加入することが出来ない場合も多くあります。働く時間が派遣やパートだと制限されている方も多いでしょう。各種保険の加入は日々の生活はもちろん、将来的にも安心が出来る大切な部分ですから正社員として働き保険に加入することは安定に繋がります。

社会的に地位が上がる

現在の日本では社会的に見ると正社員とそうではない働き方では社会的な地位に違いがあります。正社員での雇用は正規雇用となり1つのステータスでもあります。もちろんこれは一般的見解ですが、正社員であればローンを組むこと、クレジットカードを作ることなどが出来、社会的信用を得ることが出来ますから社会的地位が向上することは間違いありません。

年収が上がる

正社員で働くことで年収は上がりますが、その分働く時間が増えます。しかしボーナスなどが支給される場合がほとんどで、間違いなく年収は上がるでしょう。

契約の安心と給料保証

正社員になると会社から守られていることが多くなりますから、契約社員などと比べると急に雇用契約を解除されるなどの心配がなくなります。給料面にも違いがあります。時給などで働く訳ではないので休みが多い月や夏期休暇、冬期休暇、年末年始などの長期休暇があっても給料に影響がありません。昇給も期待が出来ますから年数を重ねれば重ねる程給料が上がって行きますのでやりがいが持てるでしょう。

待遇が良い

女性の方が対象にはなりますが正社員での雇用では産休や、育児休暇の制度が利用出来ますから、大変メリットになります。

キャリアを積みたいあなたにおすすめ